断食中の頭痛や眠気を克服して成功させるには!

今日も♪ゆる2ちょこ2♪~していますか(^_-)-☆

現在、7日間断食の2日目実践中です。

午前中までは時折、軽い頭痛がしていたんですが、午後からはなく、眠気もありません。

せっかくなので、備忘録代わりに断食を成功させるための秘訣というかポイントを記しておこうと思います。

あくまでも私の個人的なやり方なのでご承知おきくださいませ。

断食を成功させる秘訣は準備期間にある!

過去に何度かプチ断食を含む3日~7日間の断食や酵素ドリンクを使用したファスティングを実践してきました。

7日間の完全断食はこれで3回目。

プチ断食だろうと、ファスティングだろうと、成功の秘訣は準備期間にあると言っても過言ではありません。

特に私の場合、甘いものはあまり食べませんが、ほぼ毎日晩酌しますし、コーヒーも一日に3杯以上飲みますので、余計に準備が大事になってきます。

<1週間断食のスケジュール例>

◆準備期間(2日~3日間)

◆断食期間(7日間)

◆回復食期間(2日~3日間)

をかけて実施します。

断食が初めての人や、体の負担を考えた場合は回復食の期間を3~4日間と長めに取った方が安全です。

7日間、何も食べないのですからね。

実質的には12~14日間の時間をかけて断食します。

7日間断食準備1・2日目

<2日前>

少なくとも、2日前からは肉や魚を避けた食事を行います。

タバコやアルコール、甘い物などの刺激物や添加物たっぷりで消化の悪いインスタント食品も避けます。

できれば、コーヒーなどの嗜好品もカフェインレスにするなどした方が良いですね。

朝食;朝食を食べる習慣がある方は、みそ汁とご飯は茶碗に半分くらいにします。

昼食:昼も朝食と同じぐらいか、消化の良いものを腹8分目ぐらいにして摂ります。

夕食:野菜を中心にしてできればご飯や麺類などの炭水化物を抜きます。

仕事で夕食が遅い人は、スープとサラダぐらいにとどめた方が良いかもしれませんね。

<1日前>

2日目と同じような内容で食事を摂ります。

ただ、夕食は具沢山の味噌汁だけとか(できれば具なし味噌汁にする)、野菜ジュース(酵素ドリンクでも可)だけにして固形物を摂らないようにします。

この期間、普通に食べてしまうと、断食中に様々な好転反応が過剰に出て、気持ち悪くなったり、頭痛がしたりして辛い思いをします。

中には吐き気を感じる人もいるようで、空腹感だけでなく、様々な不快な症状が出てきますから注意が必要です。

7日間断食1~7日目

文字どおり、朝からは何も口にしません。

とは言え、水分補給は必要ですので、夏場は水を2リットルほど。

冬場であればほうじ茶などでも良いかと思います。

それ以外に口にするのは塩を1~2グラム程度。(目安としては指3本で軽く一つまみが1グラムです。)

間違えてもノンカフェインと言えどもコーヒーやポカリスエット、ジュース類は厳禁です。

気を付けたいこと

ここで気を付けたのは、人にもよりますが、先ほど触れたように断食期間中には様々な好転反応が表れます。

好転反応とは、断食中は体脂肪が炭水化物なしで単独で燃焼するため、不完全燃焼を起こしケトン体という酸性の中間物質を生産してしまいます。

そのため、頭痛やめまい、吐き気、脱力感、眠気などが起こることを指します。

また、ケトン体が過剰に生産されると、汗や呼気からも排泄されるため、断食中は口の中がネバネバしたり、体臭や口臭が強くなります。

断食中にこのような症状が強く出た場合には、無理をしないで機会を改めて方がいいかもしれません。

特に普段から甘いものや肉食が中心の人だと症状が強く出やすいようです。

この好転反応の解消方法ですが、ハチミツなどを勧める人もいるようですが、水やお茶をたっぷり飲んで身体がしっとりするくらいに汗をかく程度の軽い運動をすれば大抵の場合は改善します。

間違えても鎮痛剤は飲まないようにしましょう!

また、好転反応がなくなれば、眠気やだるさもなくなりスッキリしてきます。

できるだけ体を動かすようにしましょう。

と言っても過度な運動は禁物。

散歩などがちょうどいいですかね。

次の朝は目覚めもパッチリですよ。

7日間断食回復期1・2日目

好転反応は人にもよりますが、短い人で1日。長くても2日目から3日目には大抵の人は解消していきます。

しかし、気を付けなければいけないのは、何といっても回復期の食事です。

復食とも言いますが、これが上手くいかないと、腹痛や嘔吐などを起こしかねません。

基本的には少なくとも回復期の1日目の朝は固形物を避けます。

甘酒や玄米スープなど、胃に負担のないものを選択します。

お昼にはようやくお粥などを軽く食べます。

間違えてもおなか一杯食べないように注意しましょう。

夕ご飯もできればサラダと野菜ジュースなど、負担の少ないものします。

回復期の2日目は、少なくとも1日目と同じようにして、肉などを避けて少しずつ食べる量を増やしていきます。

せっかっくの機会ですので、これを契機に少食を心がけるのも良いかもしれませんね。

あとがき

いきなり7日間断食は普通、心も折れそうになりますし、難しいかと思います。

3日間のファスティングなどで感覚をつかむといいですね。

私も、何回もやっているからと準備食を意識せずに普通に食べてしまって、頭痛がひどくて初日の晩に中断したことがあります。

断食の効果は様々ですが、その効果は歴然です。

一般的には

①デトックス効果
②脂肪燃焼でダイエット効果
③免疫力の向上効果
④内臓の働きの回復効果
⑤腸内環境のリセット効果

などの効果があるといわれます。

様々な効果がある断食やファスティング。

まずは週末のプチ断食などからゆる2ちょこ2♪~で初めてみませんか!

最近はホテルや専門の宿泊施設に寝泊まりして行えるサービスが全国各地で展開されています。

慣れるまではそういうのを活用しても良いかもしれませんね。

ファスティングに興味のある方は、姉妹ブログで空腹感を感じないで辛くない「4日間のファスティングで脂肪が激減!50代のプロテインダイエット」を参考にしてみてくださいね。

4日間のファスティングで脂肪が激減!50代のプロテインダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です