量子波は難しくない!自分の輝きが周りに反映する

今日も♪ゆる2ちょこ2♪~していますか(^_-)-☆

漫画やアニメの『ドラゴンボール』に熱中された方も多いかと思います。

真っ先に「か~め~は~め波~!」を思い起こす方もいらっしゃるかと思いますが、かめはめ波とは

亀仙人(武天老師)が編み出した、体内の潜在エネルギーを凝縮させて一気に放出させる技だとか。

亀仙人によれば、この技を会得するには50年の修行が必要とされるが、悟空は威力こそ大きく劣るものの見よう見まねで放ったとされています(^^♪

今回は、そんな感じで量子波は何も難しくない!という話題を。

自分の輝きが周りに反映する!

アニメの『ドラゴンボール』は、宇宙戦艦ヤマトの「波動砲」をもほうふつさせますよね(すいません、そういう年代なもので)。

孫悟空が追い求めているドラゴンボール自体は、雷雲が出現しドラゴンボールに雷が当たり神龍が現れるという想定らしいですね。

願いを叶えてもらうとドラゴンボールは再び世界中に散らばり、石になってドラゴンレーダーに映らなくなるが、一定期間経つとまた元のドラゴンボールになるとか。

そう聞くと、が手に持っている宝珠そのものではないですか!?

と、前置きはこれくらいにして、

今回も量子波は難しくない!

誰も使えるもの!

ということでお伝えします。

今回も私が説明すると余計にわかりにくくなると思いますので、小林健氏の後援会よりご紹介します。

ああいう機械も便利にお使いになってご自分がエンジョイする。

ご自分がエンジョイすると、家族にもその効果が行きます。

夫婦がうまくいかないのは、無理を言っているんです。

「Give me what l want」(私の望むことを頂戴)」と言うからダメなんです。

相手は持っていないんだから。

それよりも自分が輝いて相手に言わせる。

「君、最近、調子よさそうだね。何をやっているのかな」。

そしたら、「こういうことをやって、こうだから」と逆に与えればいいんです。

常に自分がいいことを思う。

要するに肯定的に思う。

どんなことでもいいんです。

量子波をやるようになると、鍵をいつものところに置くようになるんです。

乱れている人は、そのときに思ったところに置いて、後で探すんです。

お財布もそうです。

鍵を探している人がいますけれども、鍵を入れるところを決めておけば、鍵がそこに戻りたくなるんですよ。

前にヒヨコのお話をしたと思います。

何百匹というヒヨコが生まれて、うちに遊びに来た人が、何かの拍子にヒヨコがワーツといなくなっちゃって、「わーつ、どうしよう」と一生懸命ヒヨコを捕まえようとしている。

捕まらないですよ。

チョコチョコ速くて。「先生、どうしよう」とみんな泣いている。

「心配することないよ」。ヒヨコの好きな餌を置いてスーツとやっただけ。

もう量子波が行っているんですね。―匹残らず戻ってきて、餌をパクパク食べているんです。

嫌いな人がいたら、「神様が与えてくれた、自分が勉強するためのチャンスなんだと思う」と皆さん言うでしょう。

なるほどね。それは当たっています。

でも、それよりは、「私、きょうはこういうふうにやりたいな。こういうことを考えたいな。こういうふうに行動したいな」と思ってごらんなさい。

体が整ってきます。

そうすると、あなたが何もしなくても量子波が出るんです。

輝いちゃうから、相手は「雨で嫌だと思ったけど、動物が喜んでいるんだよ」とかおかしなことを言い出す。

量子波はそういうものなんです。

たしかに、男性、女性を問わず、容姿端麗とかいうわけでなくても、その言動で周りの人を和ませたり、元気をもらえるという人がいます。

そういう人の周りには自然と人が集まります。

俗にいう、オーラがあるとでも言うのでしょうかか。

逆に、いつも愚痴や人の上げ足ばかり取っているような人の周りには誰も寄り付きませんよね。

言葉は話さなくっても、ワンコや植物にも「可愛いね。」「ありがとう」「愛してるよ」と言えるくらいの心の余裕を持ちたいものですね。

地上最強の量子波&断食ヒーリング これが未来医療のカタチ』より引用させていただきました。

あとがき

小林氏のスピーチでは、冒頭に機械という言葉が出てきますが、氏が開発された24時間、365日、遠隔で量子波送るというシステムを開発されているそうです。

会員制だそうですが、既に何某かの不調を抱えておられる方はそういうものを利用されるのも一つかと思います。

私たちは日常生活の中で様々な感情や思いを持って生きています。

その感情や思いも量子波です。

どんな人やペット、物に対しても「ありがとう。」と感謝の意識を持つことも必要かと思います。

量子波は、何も難しいものではありません。

今日もご飯を食べられてありがとう。」と食卓の食べ物に言うだけで量子波が出るのです。

お金もかからないし、至極簡単なことですよね。

自身が体験する現象は、自身の心の鏡だとも言われます。

マイナスな感情や思いをプラスに転換してみるだけで、量子波が溢れだします。

昔から言われる、「プラス」言葉を使うだけで、他人も癒し、自分も癒されます。

そんなことで、プラス言葉で発想の転換をし、ゆる2ちょこ2♪~でいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です