不思議な生命体「ソマチッド」の秘められた能力とは!?(2)

今日もゆる2ちょこ2♪していますか(^_-)-☆

前回、超能力者でもある不思議な生命体ソマチッドは「人が怒り出すと逃げてしまう」という話題でした。

今回は、「ソマチッドと皮膚の関係」についてご紹介したいと思います。

ソマチッドと皮膚の関係

ソマチッドは、宿主でもある人間が嫌いだと殻をかぶって尿や汗と一緒にサッサと逃げ出すということですが、もちろん、皮膚にもソマチッドが居ます。

」の流れが悪い人、つまり「波動(エネルギー)」の状態が悪い人や、皮膚表面がイオン化していない人だと、ソマチッドも逃げてしまい、肌が荒れやすくなったり、アトピーになりやすくなるそうです。

それは、皮膚表面の電子が乱れているためにソマチッドが活性化していなかったり、逃げてしまっている状態だとか。

なので、いつも怒ってばかりいたり、神経質な人や心配性、真面目すぎる人?は要注意です。

皮膚のソマチッドを活性化する方法とは?

アトピーなどで皮膚にトラブルを抱えている人はまず、それを解消す必要がありますが、皮膚はもともとマイナスイオンが少なく、トラブルのある方はプラス傾向が強いそうです。

なので、皮膚の状態が良い人はマイナス傾向とか。

昔から「乾布摩擦」をしている人は体が丈夫で元気だと言われますが、乾布で摩擦するとマイナスイオンが出るという事が要因としてあるそうです。

皮膚が丈夫になると、ソマチッドも喜んで元気に体にとどまってくれますし、その波動が体の中に居るソマチッドも喜ぶとか。

良いことづくめですね。

皮膚のソマチッドが喜ぶ方法とは?

私の知人に毎朝5時に起きだし、真冬でも「乾布摩擦」をしている人がいます。

そうかと言って、なかなか忙しい日常生活の中では真似ができないですよね。

少なくとも私には・・・・。

では、何か良い方法はないものか?

よく、小さい子供がポリエステルとかナイロン地の肌着や服を着せると嫌がりますよね。

パチパチとか、チクチクする感じが嫌みたいです。

大人になると皮膚も慣れてしまってバカになってるんでしょうかね?

確かに、赤ちゃんの時には大事に木綿の肌着を着せられていたはずですからね。

そうなんですよね。

乾布摩擦はできなくっても、普段から着衣は木綿とかが良いそうです。

わざわざ乾布摩擦をしなくっても、体を動かすことで自然と乾布摩擦に近い効果があるという話も。

その良い波動が内臓にも伝わって身体の調子も良くなるんだと。

あとがき

なんだか、現代人は豊かになっているようで、そうでもないようですね。

大量生産された化学繊維たっぷりの服に慣らされてしまっています。

せめて、肌に触れる着衣だけでも考えて選びたいものです。

水も振動することによってマイナスイオン化することは良く知られていますが、成人の体のほぼ60%が水分ですからね(^^♪

できることから少しづつ!ゆる2ちょこ2♪で行きましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です