音の振動や周波数には固有のパターンがある!

今日もゆる2ちょこ2♪していますか(^_-)-☆

前回は「音と宇宙とヒーリング、高次元の関係とは?」という話をご紹介しましたが、今回は、その続きを。

音が水の分子構造を変えることも科学的に証明されている?

前回の記事では、

音や振動の種類によっていくつもの幾何学的なパターン(模様)が形成されたり、音が水の分子構造を変えることも科学的に証明されています。

とご紹介しました。

そこで、私は物理や化学も得意ではないので、科学的な証明は目で観て解る資料がないかと思って探しました。

そしたらありましたよ。

ウォーター・サウンド・イメージ』という書籍が。

著者はドイツ生まれのラウターヴッサーという方です。

音の持つ振動や周波数に固有のパターンがあることを証明、研究された方です。

研究は、音叉を水に当てると、様々なパターンの図形を描くというのです。

監訳者の増川いづみさんは、これを「水のダンス」と表現されていました。

それほどに描き出される図形は多彩です。

(出典元:http://www.wasserklangbilder.de/index.html?html/home_d.html)

下記の動画は、ZEN SOUNDからお借りしました。

共鳴はサウンドセラピーの中心的な現象であり、人体のかなりの部分が水であるため、吸収と相互作用において明確な役割を果たします。

これは、水が音や振動とどのように反応し、さまざまな曼荼羅を生み出し、身体のバランスを整え、心と体のバランスを促進するかを直接示すアレクサンダー・ローターワッサーの素晴らしい作品です。

あとがき

まあ、難しい理論は解らないし、説明もできませんが、動物、植物を問わず、生命のあらゆる組織や臓器には「固有の波動(周波数)」があるとのこと。

先ほどの写真もそうですが、この固有の周波数は、宇宙エネルギーを受けて生まれているとも。

やはり、音=波動=エネルギーは相関があるというか、自然界の動植物も、人の体の構造も、そして宇宙の法則も「音」と関係があるということは間違いないようですね。

面白いです。

人生、ゆる2ちょこ2♪で楽しんでいきましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です