がんが見つかったらどうするか!がんと心は関係あるのか?

今日もゆる2ちょこ2♪していますか(^_-)-☆

前回は、土橋重隆(つちはし しげたか)ドクターの『ガンをつくる心 治す心』という本やドクターのがんに対する考え方などを紹介しました。

この本から数年して『50歳を超えてもガンにならない生き方 (講談社+α新書)』という本も出されていますから、本屋さんで目にされた方も多いかと思います。

がんが見つかったらどうするか!がんってどんな病気?

がんに限らず、「病気は、体があなたに気付いて欲しくて出したサインである。」というような言葉をよく聞きます。

今回は、前出の書籍を参考に「がんと心の関係」について考えてみたいと思います。

がん患者さんの生活史から学ぶ

土橋ドクターは、著書の中で

がんの予防・治療に大切なことは“非常識”にいきること

だと述べていらっしゃいます。

この言葉だけを聴いてもピンとはきませんが、がんの確実な予防法は見つかっていない以上、「がん患者さんの生活史」から学ぶしかないと考え、患者さんに

なぜ、がんになったと思いますか?

という質問を繰り返されたと言います。

ある意味、患者さんにとっては酷な話ですよね。

それでも、土橋ドクターは解決の糸口を見つけたくて聞き続けられたようです。

ある意味では、患者さんとの信頼関係が築けていたからできたことかもしれません。

しかし、その質問を繰り返す中である傾向が見えてきたというのです。

がんの原因に近づくヒント

土橋ドクターは、「病気の中には、患者さんの生活史の結果として発症する病気もある。がんもその一つではないか。」という考え方を持たれていたようです。

そsきて、「あなたはなぜ、がんになったと思いますか?」という質問から始まり、がんと診断されるでに

◎どういう生活をしてきたのか?
◎どんな生活習慣があったのか?
◎悩みは?
◎心配事は?

という質問を投げかけられたそうです。

そして見えてきたのが、日ごろの人間関係や悩み、心配事、欲求不満など、心の深いところでがんと関係がありそうなものを含んだライフスタイルが見えてきたとのこと。

こころがつくるがんが見えてきた!

詳細は本書に譲るとして、がん患者さんのライフスタイルを通して見えてきた結果が以下の通りだったそうです。

◆右乳がん ⇒ 家庭内の問題
◆左乳がん ⇒ 肉体の酷使
◆肺がん  ⇒ がん恐怖心
        健康願望
◆胃がん  ⇒ 仕事を頑張りすぎ
        運動しすぎ
◆大腸がん ⇒ (S字結腸の上~上部)胃がんに近い肉体的ストレス
      ⇒(S字結腸の下~肛門)金銭に関するストレス/会社の資金繰り、借金やローン、多額の税金
◆膵頭部がん ⇒ がんとわかっても最後まで弱音をはかない
◆胆管がん  ⇒ 腰の低い素直な人

ガがんと心の意外な関係

今回も、土橋ドクターのサイトより「がんと心の意外な関係」という動画を引用させて頂きました。

ガンを引き起こした原因をどんどんとさかのぼっていくと、自分自身の生き方や心との関係が見えてきます。医学・科学の対象にしにくい、こうした「目に見えないもの」にどうアプローチすればいいか? 「間柄」をキーワードにして考えていきましょう。

まとめ

病は気から」という諺は誰もが知っているかと思います。

しかし、日常生活に追われてなかなか病気が出しているサインに気付かなかったり、余計に頑張りすぎてしまう人もいます。

がんになった方、ましてや私の妻のようにステージⅣの状態の方々は、少なくともそのほとんどが自身の「病名」も解っているいるし、「今までのライフスタイルにはちょっと無理があった。」という原因にも気付いていらっしゃると言います。

ステージⅣになっても、完治には至らなくても長生きされる方もいらっしゃいます。

やはり、その分かれ道は「原因と自身が向き合ったかどうか」という事にも関係していそうです。

次回は、「もしがんになったらどうするか?」ということについて考えてみたいと思います。

人生、ゆる2ちょこ2♪で楽しんでいきましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です