がんが見つかったらどうするか!病気には意味と価値がある

今日もゆる2ちょこ2♪していますか(^_-)-☆

前回は、土橋重隆(つちはし しげたか)ドクターの『ガンをつくる心 治す心』や50歳を超えてもガンにならない生き方 (講談社+α新書)』という書籍を参考に「がんと心の関係」について考えてみました。

がんが見つかったらどうするか!がんと心は関係あるのか?

がんに限らず、病気になる方のライフスタイルや心には少なくとも関係性があるというお話をしましたが、同じがんに罹る人たちは、同じような性格だ、という傾向があるとのこと。

今回は、前出の書籍を参考に「病気には意味と価値がある!」ということについて考えてみたいと思います。

がんになるのは運が悪いのか?

私たちは、がんだと判った場合にはその結果ばかりを深刻に捉え、その「原因」について深く考えることはほとんどないかもしれません。

とかく、「何で私だけ?」とか、「「運が悪い」とか「ガンになる運命だった」などと思い込んでしまいまいがちです。

これだけ医療が進んだと言われる時代にあっても、がんの生存率は上がったものの、実際に完治した方はどれくらいいるのでしょうか。

そういう目に見えない不安から、がんという現実を受け容れがたいということもあるかもしれません。

しかし、冷静に考えれば、なぜがんになったのかはそれなりの原因があるはずです。

がんと心の間に関係があるのだとすれば、日々のストレスをなくしたり、がんと向き合う姿勢も変わってくるのではないでしょうか。

土橋重隆ドクターは、

「がんの原因究明は科学的な側面からよりも、むしろ個人の体験の中から行うほうが有効であり、治癒の方法が見つかる可能性もそのあたりに潜んでいるのではないか。」

という考えられているようです。

ガンは何かのメッセージを人間に伝えている

土橋ドクターは、西洋医学では、がんの原因を突きとめられないことを何度も繰り返して書籍の中で伝えられています。

それというのも、西洋医学は病気という体に起きた変化を分析する学問であって、原因を追求する学問ではないということに起因しているようです。

ドクターの経験値から、「同じような心理的ストレスをもっていた人には、同じガンが、しかも同じ部位に発生する」という傾向がある言われています。

しかし、医療現場ではがんの予防にはほとんど関心がなく、もっぱら早期診断、早期治療をすすめることに熱心な傾向があるとのこと。

加えて、再発防止には抗がん剤投与という化学療法を行うのみで、がんの原因などまったく考えずに小細工しているのです。

と述べられています。

これだけ言い切られるには、医師としては勇気のいることかと思います。

がんだとわかってからの別れ道

土地は死ドクターは、以下のように同じがんと診断されても、その後の治療に大きく影響する要素があると言われます。

「診断前の自分の生活習慣を反省し、それまでの生活習慣を大きく変えて、新しい人生を始める人がいます。

じつはそういう患者さんにとって、医者が行う手術も抗がん剤投与も放射線照射も有効な治療になるのです。

その点に気づかず、ひたすらがんだけを治してほしいと医者に頼っている人は、なかなかいい結果が得られません。

ガンは、それまでの自分の生活や人生を見つめ直すことを促している病気だと思います。

見つめ直すことをしないで、がんだけを西洋医学的治療で治すことができるのであれば、がんという病気の存在意義などありません。

最終的には、

「がんにも存在意義がある。がんは何かのメッセージを伝えている。」

と仰っています。

病気には意味と価値がある!

今回も土橋ドクターのサイトから2本の動画をお借りしました。

渦中にある方はなかなか受け入れられないかもしれませんが、仰る通りかと思います。

「どう治そうか?」と考える前にまず目を向けてほしいのは、原因を問うということ。目の前のガンはあくまでも結果。なぜガンになったのか? その背景にある自分自身の「過去の時間」に目を向けていくと……。

病気を治そうとすることは、病気を悪と見なし排除するということ。それが当たり前だと思っている人も多いかもしれませんが、もう少し深くその本質を見つめてみましょう。すると、「この世界には不要なものはない」ということが見えてきます。であれば、病気に対する向き合い方も違ってくるはず。。。

あとがき

病気には意味と価値があるというのは冷静に考えればその通りかと思います。

土橋ドクターではないですが、フーチー遠隔療法®でお世話になっている発明家でもある鉱物研究家の櫻井喜美夫氏は、

「がんは自分の身を守るためにできる。」

という表現をされます。

ニューヨーク在住のドクターでヒーラーでもある小林健氏は、

「病気症状は、身体が生きようとするサイン」

と言われます。

表現こそ違いますが、根底には相通じるものがあるのではないかと思います。

極論かもしれませんが、がんも自身の体の一部です。

そういう意味では簡単に切り取ったりするのは、やはり自然な流れではないように思えます。

そういうことからも、フーチー遠隔療法®では、がんの方とも多くかかわりますが、「がんを消す」とか「治す」というアプローチ方法はとりません。

詳しくは機会を改めますが、次回はまた違う角度から「がん」について考えてみたいと思います。

人生、ゆる2ちょこ2♪で楽しんでいきましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です