がんが見つかったらどうするか!何事も長所半分・短所半分

今日もゆる2ちょこ2♪していますか(^_-)-☆

前回は、土橋重隆(つちはし しげたか)ドクターの『ガンをつくる心 治す心』や50歳を超えてもガンにならない生き方 (講談社+α新書)』という書籍を参考に「病気には意味と価値がある」という話題を通して考えてみました。

がんが見つかったらどうするか!病気には意味と価値がある

がんに限らず、病気には意味と価値があるということですが、「ガンは何かのメッセージを人間に伝えている」というお話でした。

今回は、前出の書籍や土橋ドクターの動画を参考に「何事も長所半分・短所半分」ということについて考えてみたいと思います。

何事も長所半分・短所半分

何回かに分けて土橋ドクターのがん治療に対する考え方をお伝えしてきましたが、がんになってからの生き方の極意をとして紹介されておるのが「何事も長所半分・短所半分」という考え方です。

がんも病気も、自分の身の回りで起こることすべてがこの考え方で対処していけば、「人を許し、自分を許す、そして病気(ガン)を防ぐ」ことができるとのこと。

この「何事も長所半分・短所半分」とうのは、土橋ドクターが尊敬されている哲学者であり、「思風庵哲学研究所」の芳村思風氏の教えだそうです。

勉強不足な私は存じ上げませんでしたが、「がんと心」に関係性があるとすれば、納得のいく考え方であると思います。

実際に、土橋ドクターが執刀されてがんが治癒したり、がんが無くなったという患者さんも多くいらっしゃると言います。

その方々にはどのようなメカニズムが働いたのでしょうか。

人を許し、自分を許す、そして病気(ガン)を防ぐ

私が下手な解釈をしているよりは、動画を観て頂いた方がお判りいただけるかと思います。

今回も土橋ドクターのサイトから動画をお借りしました。

「何事も長所半分・短所半分」。。。すべてをこの視点で捉えられるようになることが、人を許し、自分を許す、そして病気(ガン)を防ぐ、土橋流の生き方の極意。もちろん、病気になることも悪いことばかりじゃない。やっぱり「長所半分・短所半分」。。。無用に敵を作らず、ラクに生きる秘訣を公開しましょう。

あとがき

がんになったとわかった時点からでもそうですし、がんにならないように生きるための考え方としては「何事も長所半分・短所半分」は素晴らしい考え方だと思います。

なかなか、

◎病気にも価値がある
◎短所も「愛嬌」
◎人も自分も許せる

という境地になるのは、普段の生活の中では中々受け容れがたいものもあるかと思います。

次回は、上記の考え方を含め、実際にがんから解放された人々にスポットを当てて考えてみたいと思います。

人生、ゆる2ちょこ2♪で楽しんでいきましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です