春は苦みのある山菜や春野菜の力でデトックス!

今日もゆる2ちょこ2♪していますか(^_-)-☆

春の節句も終わり、そろそろ山菜の美味しい季節になりますね。

寒暖差で体調を崩しやすくなる季節でもありますが、春になると様々な植物が芽吹きます。

雪が降るような厳しい寒さの中でも芽吹いている木々の生命力を見るにつけ、大自然の偉大な力に感謝の言葉しかありません。

さて、今回は私の大好きな山菜の話題です。

山菜のデトックス効果について

春と言えば、もうそろそろ「ふきのうとう」が芽吹く頃です。

ふきのうとうに限らず、色んな山菜が順番に土の中から顔を出します。

山菜や春野菜には解毒作用や新陳代謝を促す効果があると言われています。

少し苦みのある植物を思えば良いかと思いますが、菜の花もそうでしょうし、アスパラや筍(たけのこ)など、スーパーに並んでいるものもたくさんあります。

我が家の裏にはタラの芽もありますが、山へ行けばわらびやぜんまい、ウドなど、上げればきりがないくらいに食べられる山菜はたくさんあります。

あざみ・あしたば・アスパラガス・うど・うるい・かたくり・からし菜・キャベツ・行者にんにく・グリーンピース・クレソン・こごみ・さやえんどう・じゃがいも・セロリ・ぜんまい・そらまめ・たけのこ・玉ねぎ・たらの芽・つくし・菜の花・のびる・パセリ・ふき・みず・水菜・山わさび・よもぎ・ルッコラ、etc.

山菜や春野菜には独特の香りや苦味がありまが、その苦みが冬場に溜め込んだ体の中の老廃物や毒素を解毒してくれる効果があるんですよね。

なんでも、森の中で冬眠していたクマさんは、目覚めると真っ先に食べるのが「ふきのとう」らしいです。

クマさんもデトックスするんですね(^_-)-☆

もちろん、この目で観たわけではありませんが、本能的に彼らは知っているんですね。

山菜や春野菜とソマチッド

山菜や春野菜にはデトックス効果があるということですが、これらには超微小生命体の「ソマチッド」を活性化する働きもあるそうです。

これは、山菜や春野菜に限ったことではないですが、旬の野菜を食べるとソマチッドが喜んで体も活性化すると言われます。

昔から「春は苦味を盛れ」と言い伝えられていますが、「夏は酸味、秋は辛味、冬は脂肪」と季節ごとに自然の恵みを食べる習わしは理にかなっていると言えます。

先人の知恵はすごいですよね。

ソマチッドとは意思や知性を持った微小生命体?

あとがき

ちなみに、春の苦みのある植物ですが花粉症にも効果があるそうですよ。

私は花粉症には縁がないですけど。

ふと思いましたが、フキノトウが大きくなったらフキになるって、今の子供たちはどれくらい知ってるんでしょうか?

大人でもあまり知らないかもしれませんね。

田んぼや自然が残っている地域に住んでいる、おじいちゃん、おばあちゃんにはぜひ、孫なんかに教えてあげて欲しいものです。

記事を書きていたらフキノトウやタラの芽の天ぷらが食べたくなってきました。

そういえば、物心ついた頃には、フキノトウではなく、「フキ」はよく食卓に上っていた記憶がありますが、フキノトウは家の裏や田んぼの畦道に群生していたのに、食べた記憶がありません。

誰か家人にフキノトウが嫌いな人間がいたんでしょうか?

フキ味噌などもおいしんですけどね。

そんな話をしていたら、今度はビールが・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です