親の遠距離介護に疲れたら!1人で悩まない方法とは

今日もゆる2ちょこ2♪していますか(^_-)-☆

認知症の介護は大変だという思いが強いとどうしてもストレスを抱えてしまいます。

それは同居の親であろうと、遠距離介護している状態であろうと、小さな問題が次々に起こるものです。

よく、「介護の問題は1人で抱えないで!」という言葉を聴きます。

もし、遠距離介護に疲れてしまったら、ぜひ一度立ち止まって、1人で悩んでストレスを抱え込まないようにしたいものです。

遠距離介護のストレスに悩まないために考えるべきこととは

親の介護が必要になった時には、遠方に居ること自体がストレスになる場合もあります。

すぐにでも駆けつけてあげたいけど、それも許されないと思うとそれだけで後ろめたいような気持になるものです。

でも、そういう時にこそ、できることをひとつずつクリアにしていきたいものです。

仕事と介護を両立するには

遠距離介護に限らず、たとえ親と同居していても介護を続けることに限界を感じて介護離職を考える人も少なくありません。

経済状態にもよりますが、仕事を続けることは多くの方にとっては自分自身の経済的な基盤確保のために必要なことです。

以前も触れましたが、言葉は悪いですが親の介護が始まると、長期戦になることも覚悟しなければいけません。

仕事を辞めて親元へ出向けば、二重生活になって経済的なことだけでなく、家族にも負担がかかるようになります。

まずは、如何に仕事を辞めないで遠距離介護と両立できるかを考えたいものです。

関係者との連携

仕事と遠距離介護を両立するにあたっては、どうしても第三者の協力は不可欠です。

そのためには、ケアマネジャーや様々な施設と連携をとって任せられる環境をいかにつくるかがカギになってきます。

介護度にもよるでしょうが、遠距離介護でも介護者の生活が維持出来る内は依存できるところは割り切ってお任せしたいものです。

その上で、ケアマネジャーをはじめ、ヘルパーなどの介護スタッフや日頃から気にかけてくれる近所の方や友人、親戚縁者、かかりつけ医などとのコミュニケーションを上手に取りたいものです。

そういう意味でも、帰省した時はなるべくお世話になっている方々に直接会うようにして、近況を聴いたり情報交換を行い、必要なときに適切な対応をしてもらえるようお願いしておくと安心です。

介護支援制度の活用

勤務先によっては介護を支援してくれる制度が確立されている場合もあります。

似たような境遇の方もいらっしゃるでしょうし、介護と仕事の両立支援制度を確認して、かのうであれば利用したいものです。

社内の似たような境遇の方と情報交換できるだけでもストレスが軽減されるものです。

他にも職場だけでなく、介護仲間を作ることは心の支えになります。

NPO法人や民間会社が運営する遠距離介護セミナーなども開かれていますので、参加する機会があればぜひ活用しましょう。

割引制度で交通費を節約する

遠距離介護の悩みのひとつに帰省にかかる費用の問題があります。

大手の航空会社であれば「介護割引」などの各種割引制度がありますので、詳しい利用条件などをサイトでチェックしたり、航空会社へ問い合わせてみてください。

また、JRや航空会社では様々な早期割引などの割引制度や往復割引などがあります。

ぜひ活用したいものです。

あとがき

遠距離介護が続けられる環境が維持できる間は、上手く制度などを活用していざという時に備えておきたいものです。

親の認知症の進行具合など、色々な理由で遠距離介護を続けることが難しい状況になることもあります。

そのような場合は、必ずしも親がすむ環境を無理にでも維持しようとせず、家族が住む地域への呼び寄せや、訪問しやすい距離にある介護施設への入居も選択肢の一つです。

あまり深刻に考えてストレスを溜め込んでもいけませんが、無理のない方法で親も家族も最善の状態で介護ができるよう、色々な方法を検討するようにしたいものです。

お問い合わせはコチラからどうぞ!

【無料】カラーセラピーとは?

フーチー遠隔療法とは?

※ お問い合わせやご質問は下記のLINE@からでも可能です。友だち追加の上、要件をご連絡ください。

友だち追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

遠隔セラピーを通して出逢ったすべての人を健康にしたい!

心身の不調や痛みから解放されるための健康法や、自分らしく生きるための提案などを中心に情報発信しています。

詳しいプロフィールは、⇒コチラをご覧ください。

Facebook | cocoloha

友だち追加
LINE@| QRコード

ページ上部へ戻る