あの世とこの世、魂と肉体と憑依について考えてみる

今日もゆる2ちょこ2♪していますか(^_-)-☆

最近、矢作直樹氏のインタビュー記事やYoutubeの動画を立て続けにチェックしています。

チェックと言うとお叱りを受けそうですが、矢作氏の著書も読んでみたいと思っています。

改めて失礼な言い方になるかもしれませんが、現役の医師が霊や魂、ましてや憑依について語られることなど今まではタブーでしたが、語られるどころか本まで出されています。

そういう一人の人としてすごく興味を覚えます。

ということで、今回は元東大病院救急部・集中治療部部長で東京大学名誉教授の矢作直樹氏の動画などをご紹介したいと思います。

あの世とこの世を分かつもの<矢作直樹氏のインタビューより>

『人は死なない-ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索』という本を書かれた矢作直樹氏ですが、ネット記事や動画を拝見すると目からウロコという気付きをたくさんいただきます。

私が下手な解説をしていても紛らわしいだけなので、矢作氏の動画をご覧いただければと思いお借りしました。

3年ほど前のものですが、全く色あせていないと感じます。

と言うべきか、誰もが知りたいテーマでもあるかと。


(引用:マル激トーク・オン・ディマンド h5金スペシャルより ttp://www.videonews.com/)

なぜ憑依現象が起きるのか?

私自身、ご縁のある方に遠隔療法師として様々な病気の症状や痛みを癒したりするセラピーを行っています。

そんな数ある中でも、ごく稀に症状がなかなか改善されなかったり、逆に重篤になっていく方がいらっしゃいます。

その場合、何らかに憑依されていることがあります。

気が付いたら浄霊させていただきますが、正直、それが何なのか、なぜそういうことが起こるのかは、なかなか言葉では説明できないものがあります。

しかし、間違いなく、浄霊後は症状が改善されていくという現象を何度も経験しています。

人によっては、浄霊してもまた憑依される方もいらっしゃいます。

その人を頼ってくるという事もあるでしょうから、悪いもの、怖いものということではなく、本来帰られるべきところへと丁重に昇天して頂くお手伝いをします。

矢作直樹氏の著書や動画にも飛び降り自殺をされようとした女性の話が出てきます。

その女性は憑かれやすい体質だという事でしたが、本人は拒否したにも関わらず憑依されてしまい、気が付いたら地面に向かって落ちているところだったと。

経験したくはない出来事ですが、微力ながら浄霊もある意味、人助けかと思って真摯に取り組んでいます。

あとがき

矢作直樹氏が言われるように、

人には見える部分と見えない部分がある」と言われるのはその通りだと思います。

そして、

人間の霊性の理解なくして、人間を正しく理解することはできない

と。

まだまだ判らないことだらけの私ですが、至言だと思います。

人生、ゆる2ちょこ2♪で楽しんでいきましょう(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です