暮らしの中に潜む大敵「糖類ゼロ」に惑わされないで

体に良いと思って一生懸命に食べていた食材やサプリメントが、実は体内汚染につながっていたかもしれない、とは恐ろしいことです。

前回の記事でご紹介した「暮らしの中に潜む大敵」としてご紹介した、堀田忠弘ドクターが言われている体内汚染ですが、体内汚染と一口に言っても、実に様々なものがあります。

口から入るものでは、発がん性を疑われている食品などは、その最たるものかと思います。

他にも目には見えないですが、体内汚染につながるものとして、洗剤やシャンプー、化粧品などの日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されていると言われている「経皮毒」などがあります。

今回は、体内汚染の中でも『糖類ゼロ』にスポットを当ててご紹介したいと思います。

「糖類0(ゼロ)」に惑わされてはいけない

最近、「糖類0」と書かれている製品をよく目にします。

この場合、「糖類」と書かれてはいますが、配合されてる「高甘味度甘味科」は含まれていません。

高甘味度甘味料は砂糖の数百倍から数万倍の甘さをもっている化学初質です。

非常に少量でも砂糖と同等の甘さにできるため、ダイエット食品をはじめとする多くの製品に使用されています。

なかでもよく目にするのは

〇アスバルテーム
〇アヒスルファムカリウム
〇スクラロース

などです。

アスパルテームを含む商品

アスパルテームなどの「高甘味度甘味科」は自然のものではなく、化学物質です。

長期間の使用によって、内臓や脳などに深刻な影響を与えることがわかっています。

また、砂糖以上の依存性があるため、糖分を控えてダイエットしようと「糖分0」の製品を必要以上に摂ることは控えたいものです。

<ガム>
アスパルテームの入っていないガムを探すのは難しい程に使用されています。キシリトールガムにもアスパルテームは使われています。

<のど飴>
ノンシュガーのど飴にも入っています。
表面のコーティングに使われることが多いガムに比べ、飴は使用量が多いとされています。

<ダイェット飲料>
ダイエットコーラなどカロリー0、糖質0と表記されている飲料のほとんどにアスパルテームが使われています。

<フリスクなど>
ミント系タブレット菓子にもアスパルテームは使われています。
食べすぎると下痢を誘発する場合があります。

あとがき

甘いものの代表と言えば、白砂糖があります。

白い麻薬や白い悪魔と呼ばれるくらいに、タバコ以上に体には良くないと言われているのを耳にします。

依存性があるという意味では、アスパルテームも同等なのかもしれません。

テレビを観ていると、四六時中、糖類0をうたった商品のCMを目にします。

あたかも体に良い神話のように。

ある意味、サブリミナル効果で毎日CMを観ていると、それが体に良いものだと潜在意識に刷り込まれていくことは、怖いことでもあります。

甘いものを食べるとリラックス効果があるのは、当たりでもあり、外れでもあると言われています。

それだったら、極論、「ダイエットコ〇ラ」をがぶ飲みするよりは、和三盆を使った「虎屋の羊かん」などを一本、丸々食べたほうが体に良さそうです。

何が自分の体には良いもので、何が良くないのか。

自分の健康は自分で守るということを意識して買い物をしたいものです。

次回は、食生活以外にも気を付けたいケミカル製品について紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です