暮らしの中に潜む大敵!ケミカル製品にも要注意

以前、京都の堀田医院を開業されている堀田忠弘院長が著書で提言されている体内汚染については当サイトの記事「暮らしの中に潜む大敵とは?!」でもご紹介しました。

体内汚染と一口に言っても、実に様々なものがあります。

体に良いと思って一生懸命に食べていた食材やサプリメントが、実はその人の体に合っていなかったり、体内汚染につながっているかもしれない、というような事態は避けたいですからね。

少なくとも、口から入るものでは、発がん性を疑われている食品などは、さけたいものです。

口から入る以外にも、体内汚染につながるものとして洗剤やシャンプー、化粧品などの日常使われるケミカル製品があります。

極論は、シャワーを浴びる時の水道水にも塩素(カルキ)やが含まれています。

塩素にも少なからず毒性があります。

塩素はタンパク質を破壊する性質を持つため、肌や髪を痛めるのです。

地域によっては、鉛の水道管を使っているため、鉛による健康被害もあります。

ちょっと話がそれましたが、今回は、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されていると言われている「経皮毒」にスポットを当ててご紹介したいと思います。

気を付けたいケミカル製品とは

ほとんどの人は、毎日、歯磨き粉を使って歯を磨かれているかと思います。

食べ物と同じく、口の中に入れるものにもかかわらず、その成分を意識している人はほとんどいらっしゃらないのでは?

他にも、シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア製品。

化粧水やクリーム、ファンデーションなとの化粧品にも化学物質がたくさん使われています。

また、食材を入れたり、肌に触れるものにもかかわらず、食器用洗剤や洗濯用洗剤にも化学物質が含まれています。

これらの日用品に含まれる化学物質は、皮膚や粘膜を経由して体に侵入してしまいます。

このような様々な、体にとっては異物を休外へ排出するために、本来は消化などに使われるはずの多くのミネラルが毒出しのために消費されていると言われています。

有害性のある化学物質を皮膚から入れないために!

歯磨き粉

発泡剤や洗浄剤として使われているのは「ラウリル硫酸ナトリウム」、湿潤剤や保湿剤として配合されているのは「プロピレングリコール(PG)」です。

ヘアケア用品

乳化剤や洗浄剤、発泡剤として、「ラウリル硫酸ナトリウム」「トリエタノールアミン」などの多数の化学物質が含まれています。

メイク用品

アイシャドウやチークは、石炭タール系原料から製造される合成着色剤によって作られています。また、ファンデーションや日焼け止めには「酸化チタン」や「酸化亜鉛」が使われています。

掃除用品

トイレ用洗剤には「水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)」や「次亜塩素酸ナトリウム」、防虫剤には「パラジクロロベンゼン」などが使用されていることがほとんどです。

洗剤

洗濯洗剤には、衣類を白く見せるための「蛍光増白剤」や、洗浄力をあげるための「ゼオライト」、食器用洗剤には、洗浄成分として「アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES)」などが使われています。

あとがき

なんだか、舌がもつれそうな名前の化学物質のオンパレードですよね。

あまり、神経質になり過ぎると何も食べられない、何も使えない、ということにもなりかねませんが、普段の生活の中で気を付けられることは色々あります。

少なくとも、口から入るものでは、発がん性を疑われている食品など食べない。

他にも、疑わしいものは買わない、食べない、というのは意識したいところです。

マーガリンや食用油などもそうです。

ちなみに、化粧品やヘアケア製品のすべてが自分の体に悪かったり、合わない訳ではありません。

フーチーで調べると面白いことがあります。

Oリングテストなどの筋反射テストでも同じ結果が出るので試してみて欲しいのですが、機会を改めてご紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です