パワースポットと龍穴・龍脈の関係は?

パワースポットと聞けば真っ先に思い浮かぶのは神社ではないでしょうか。

なんと日本には8万社の神社があるそうです。

全国各地にある一宮(いちのみや)神社はその代表かと思いますが、私の住んでいる富山県にも四社あります

◎射水神社
◎高瀬神社
◎気多神社
◎雄山神社

やはり、どちらの神社も訪れると凛とした空気を感じ、背筋が伸びる思いがしますよね。

今回は、そんなパワースポットや龍穴についてご紹介します。

龍穴・龍脈とパワースポットとの関係は?

風水だけでなく、陰陽道などでも「龍穴(りゅうけつ)」や「龍脈(りゅうみゃく)」という言葉をよく耳にします。

龍穴のある場所がいわゆるパワースポットです。

厳密には私たちが一般的に認識しているパワースポットと風水で言われるところの龍穴には微妙に違いがあるらしいですけどね。

まあ、難しい話はさておき、今回は龍穴や龍脈を視点にしたパワースポットについて話を進めますが、「龍穴=パワースポット」と同義のこととして話を進めたいと思います。

■生気が大地から溢れ出た噴出点。

■風水では、その生気が流れる道を通って大地に隆起した山を「龍脈(りゅうみゃく)。
を「龍穴」と呼んでいます

龍穴から噴出している生気とは簡単に言うと「御神気」であり、解りやすく「エネルギー」や「パワー」と解釈すれば良いはでしょうか。

そして、風水などの考え方では、人の体に無数の血管や気の通り道(経絡)があるように、大地にも生気の流れる道があるとされています。

それを龍脈(りゅうみゃく)と言います。

パワースポットの効果とは

風水では厳密にいうと「陰と陽」があるとされます。

何事にも陰と陽、裏と表があるということですが、自然界に存在する龍穴には人を幸せに導く場所もあれば、その逆もあることらしいです。

今回はそれはさておき、パワースポットを訪れるとどのような効果があるのでしょうか。

風水では、
パワースポットの生気を受けることで自分自身の細胞を活性化させ、眠っている運気を呼び覚ます
とされています。

つまり、パワースポットに出かけることで自分の望む運気を手に入れることができるという事ですね。

パワースポットの選び方

風水の考え方では、地形や地理的条件により龍穴が生じるとされ、その土地の気も常に変動しているとされています。

つまり、龍穴も移動することがあるとのこと。

そういう意味では、神社・仏閣がない大地でもパワースポットに成り得るということのようです。

とは言え、裏山をご神体としている神社や仏閣も多いですし、神社仏閣は構造上、気の流れを防ぐ囲いがあるため力の強弱こそあるものの、龍穴が移動することはないということです。

先日参拝した明治神宮が代表的な例ですが、明治神宮は「富士山」から皇居を結ぶ龍脈の通り道とも言われ、「清正井」はその生気が噴出している龍穴に当たるとのこと。

明治神宮の「清正井」初体験!

あとがき

龍脈はレイラインとも通じるのかな、と思いながら記事を書いていました。

レイラインは遺跡などの構造物をつないだものも多いようですが、また改めてご紹介したいと思います。

時間があるときにはぜひ神社巡りをしたり、自然の中に出かけて眠っている運気を呼び覚ましたいものです。

とは言え、特別な場所に出かけなくても、
自分の部屋に居ようと、
家の庭だろうと、
近くの公園だろうと、
自分が気持ち良いと思える場所はすべてパワースポットとも言えますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です