一日一粒の「梅干し」は医者を遠ざけるってホント?

今日も♪ゆる2ちょこ2♪~していますか!?(^_-)-☆

今朝、ご飯を食べながらテレビを観ていると我が耳を疑うような内容が!?

なんと、我が富山県民は○○で全国でワーストワンとのこと。

最初から観ていたわけではないのでピンとはこなかったのですが、何でも、日本で
一番風邪をひきやすい県民が我が富山県!
なのだという。

逆に、風邪を一番ひかないのが「和歌山県民」とのこと。

はたしてその真相は?

風邪をひきやすい富山県民が見つけた秘訣とは?

気になって後から調べたけれど、???。

三宅裕司が出てて・・・。

番組名は健民+県民『~No.1 健康県に学べ!~』

番組の「風邪」の部分のタイトルを見ると

■酸っぱいものが大好きな和歌山県民が、なぜ風邪をひきにくいのか?
■風邪をひきやすい富山県民が見つけた秘訣とは?

となっていた。

つまり、
◎梅干しを一番よく食べる県民が和歌山県民であり、
◎梅干しを最も食べない県民が富山県民である、
ということらしい。

それがイコール「風邪ひき」にも繋がると。

まあ、和歌山と言えば「紀州梅」と連想できるくらいだから、あながち間違っているわけでもないだろう。

しかし、白羽の矢が立った県民としては、どんな統計方法をとったの?と、心穏やかではない。

一言モノ申したくなるのは私だけ?

梅干しの効果

先述のテレビ番組では、梅干しを『一日一粒の「梅干し」は医者を遠ざける!』と紹介していた。

名前を聞いただけで口の中に唾液が出てくるから、面白いものである。

それだけ、酸っぱさが身に沁みついているという事の裏返し。

梅干しは、疲労回復に良いとか、ガンの予防に効く、とも言われる。

その効果は大体、以下の通り。

①食欲増進
②疲労回復
③血液サラサラ
④謝アップ
⑤ダイエットサポート
⑥美肌ケア
⑦エイジングケア
⑧便通をスムーズに
⑨殺菌パワー

1日1個のリンゴは医者を遠ざけるってホント?

一日一杯!「梅醤番茶」のすすめ

ご飯に一粒の梅干しも良いけれど、私がお勧めするのは「梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)」。

要は、つぶした梅干しに少しの醤油を加え、アツアツの番茶で割ったもの。

梅醤番茶の作り方

<材料>
◎梅干し一個
◎醤油 大さじ1
◎ショウガのおろし汁
◎番茶

<作り方>
番茶を入れる湯呑を用意し、梅干しを入れて潰します。

醤油をいれて混ぜ、ショウガの絞り汁を加え、最後に番茶を注ぎ入れます。

これで簡単!梅醤番茶の出来上がりです。

あとがき

日本のスーパーフード梅干し」

富山県民もそれなりに食べていると思うんですけどね。

母が存命中は自家製で毎年梅干しを漬けていましたしね。

夏場には紫蘇ジュースも良く飲ませられました。

梅干もそうですが、梅醤番茶を飲むのは1日に1杯程度が良いようです。

天然塩で漬け込んであればそんなにナーバスになることはでしょうけど、塩分摂取量を考えるとほどほどに、ということでしょうか。

特に
◎風邪ひきのとき
◎疲れているとき
◎体が冷えているとき
にはお勧めです。

体がポカポカしてきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です