プロフィール

人は誰もが幸せになるために生まれてきました

なんでこのサイトのネーミングが「ゆる2ちょこ2」なのか、ということについては、ゆる²ちょこ²って何?」というページをご覧いただければ幸いです。

私は、介護福祉士として介護や福祉の現場に携わっています。

仕事にはもちろん、やりがいはありますが、ある時を境に疑問を抱くようになりました。

それは、施設に入所されている利用者さんのご家族と接するたびに考えさられることでもありました。

施設に入所されているのは、ほとんどが70代も半ば以降の方々です。

なので、その息子さんや娘さんたちは私とはほとんど年齢が変わりません。

50代後半に差しかかって周りをみれば、友人や知人には病気を持たない人が居ないくらいの状態。

もちろん、介護の仕事は必要ですし、意義のある仕事です。

しかし、施設に入所するような状態になる前に、何かできることがあるのではないか?

できることならば、病気を未病の内に予防し、施設に一生入所せずに元気で過ごせる方法はないのか。

人生、ただ長生きしても、病気がちでは面白くもないし、意味がないのでは? 人は何のために生きるのか?

認知症になったり、寝たきりのような状態で生きて何をするのか?

そんな素朴な疑問を持ちながら過ごしていたある日、出会ったのが『フーチー遠隔療法®』でした。

いわゆる、目には見えない世界ですが、量子波ソマチッドのことを勉強するうちに、病気のことや身体のことを理解し、エネルギーを送った相手が健康になるだけではなく、 「自身が気づき、学び、変化・成長すれば、周りも変化していいく!」 という世界があることを知りました。

フーチー遠隔療法®の未来を確信!

これまでに私がかかわったクライアントは100名以上になります。

初めて「」の世界を知ったのは2005年に出会った「霊氣(レイキ)」という日本が発祥ですが、海外でブラッシュアップされて逆輸入された形のヒーリング技法です。

そういうことでは精神世界やスピリチュアル系の勉強を始めてから15年になります。

誤解の無いよう、あえてお伝えしますが、精神世界やスピリチュアルと言っても、パワースポットがどうとか、マジックやイリュージョンのように目の前でオカルト的な奇跡や不思議なことが起こるようなことではありません。

あくまでも「魂=スピリット」の学びの世界であり、とても人間臭く現実的な世界です。

話を元に戻しますが、冒頭でも触れましたが、 フーチー遠隔療法®が一般の遠隔ヒーリングと一線を画するのは、 フーチーで遠くに離れた方のエネルギーの状態をリサーチ」したうえで、 日本(世界)のどこにいらっしゃる方にも、 瞬時に、しかもピンポイントで量子波というエネルギーを届けられる ということです。

今まで、多くのスピリチュアル系のセミナーやワークショップに参加した経験から、現時点で知り得る最高の技法だと確信しています。

ゆる2ちょこ2LifeShift管理人(HN/ココロハ)